知っておきたい眼鏡に関する基礎知識やお手入れ方法

眼鏡のポリリン 知っておきたい眼鏡に関する基礎知識やお手入れ方法

日常生活はコンタクトを使用しているという方においても、眼鏡は必ず用意しているという方もまた多いようです。
なくては困るという声もあるでしょう。

知っておきたい眼鏡に関する基礎知識やお手入れ方法

常にそばにあるほどになかなかその基本的な部分をしるという機会も少なくなってくるものです。
自らにあったものを選ぶためにも・快適なものを選ぶためにもここでは基本的な部分について触れていきたいと思います。

フレームの種類について知るとさらに快適な環境へ

細かなパーツがさまざまあるものですが、第一印象としても残りやすいのがやはり「フレーム」ではないでしょうか。

フレームの種類について知るとさらに快適な環境へ
デザインで選ぶという方も多いようですが、フレームの種類も実はいくつかあるのです。
以下、代表的なものについていくつか触れていくことにしましょう。

プラスチックフレーム

これは、フレーム全体もしくはフロント部分がプラスチック製でできて着るものを言います。
アセテートという素材を用いていることが主流ではありますが、古いものに関してはセルロイドという素材のものが多く用いられていました。
その名残からプラスチックフレームのことを「セルフフレーム」と呼ぶこともあるでしょう。

メタルフレーム

勤続で作られているものを言います。
金属の種類によってその特徴は異なりますが、軽くて丈夫であるという利点があります。

コンビネーションフレーム

勤続とプラスチックの組み合わせて作られているフレームのことを言います。
若者に人気となっているタイプともいえるでしょう。

似合うものを選ぶためにも知っておきたいフレームタイプについて

フレームの素材ではなく「デザイン」というものもいくつかあります。

似合うものを選ぶためにも知っておきたいフレームタイプについて
これが、自らに似合ったものを選んでいただく大きなポイントともいえるでしょう。
代表的なものをいくつか掲げていきましょう。

スクエア

四角い形のものを言います。
顔を引き締める効果があり、丸顔の方に向いているともいわれています。
知的イメージも演出しやすいためにビジネスシーンなどにも良いでしょう。

オーバル

卵型のものになります。
ベーシックなタイプともいうことができますので、性別な年齢を問う事は少ないかと思います。

ハーフリム

下の部分のリムがない半分だけのものになります。
おしゃれな印象があるタイプでもあるでしょう。
フルリムと比較をすると、目元の印象が強すぎることがなく、視野も邪魔しにくいということから機能的な側面も持ち合わせています。

ウェリントン

レトロ感のあるフレームでここ数年人気となっているタイプです。

The recommendation site
精力剤の増強サプリはガチパワ
昔バリバリの現役時代に戻るならビンビンになる人気の商品で若返る

素材と印象を考えてベストをチョイスしてみよう

まずは「プラスチック系」です。
これは、軽い材質であるという事もあり、カジュアルな印象を与える素材となっています。

素材と印象を考えてベストをチョイスしてみよう
バリエーションも多くのものが販売されているタイプともいえますので、さまざまなイメージを演出しやすいでしょう。

次に「メタル系」です。
オフィシャルでクラシカルなイメージをつけやすいといわれています。
ビジネスシーンでも使用しやすいタイプともいえるでしょう。
てはいえ、カラーバリエーションも近年では増えていますので、カジュアルに演出をしたいという場合にも取り入れていただけます。
チタンからマグネシウム・アルミニウムなどメタル系もさまざまな種類のものがあります。
軽さがありながらも強度もある程度期待できるという材質が多いので、日常的にかけることが多いという場合にも取り入れやすいものといえるでしょう。

頻繁に行いたい基本的なめがねのお手入れ方法について

大切にそして長く愛用していただくためにも基本的なお手入れ方法というものを覚えておくとよいでしょう。

まずぱ水洗いです。
流水でレンズに付着したほこりなどを洗い流しましょう。
なお、必ず「水」で行うのがポイントです。お湯でストレンズのコーティングが劣化してしまう可能性があるので行わないようにしまょう。
もし、それでも皮脂などが流れ落ちなやいという場合には水で中性洗剤を希釈して優しくこすり洗いを行ってください。
この時、ブラシなどを用いずに指の腹で行っていただくことをお勧めしたいと思います。

汚れが取れたら、柔らかい布で優しく拭きましょう。
メガネ拭きを使用していただくのがベストですが、マイクロファイバー素材の布類などでも良いかと思います。

保管をするという場合には必ず「正しくたたんで」保管をするように心がけましょう。