自分に似合う眼鏡を選びたい方のために知っておくこと

眼鏡のポリリン 自分に似合う眼鏡を選びたい方のために知っておくこと

皆さんは眼鏡をどのような基準で選ばれているでしょうか。
今では、安価で購入できるショップなども増えていますので、手軽に身に着けられる存在ともなりました。
それだけに価格重視という方もまた増えているようですがやはり「自らにあったもの」を選んでいただくことをおすすめしたいと思います。
そこで今回は、選び方について考えていきましょう。

鏡をもってチェックしたい選び方の基本について

まずは自らの顔を鏡に映してチェックしてみましょう。
選んでいただく上において大切なポイントとなるのが「フレームサイズ」なのです。
流行っているデザインをなどという方もいらっしゃるとは思いますが、まずはあったサイズを把握していただくことをおすすめしたいと思います。

さて、具体的なサイズですが、フレームの縦幅に注目をしてみましょう。
肩から顎当たりの「3分の1」程度を目安にしていただくとよいかと思います。
なお、テンプル部分がつい・食い込んでいるという場合には頭痛を引き起こす可能性もありますのでご注意いただければと思います。
また、目の一にも注目をしてみましょう。
黒目の位置は、レンズの中央もしくは少し内側という程度がベストとなります。
美しく見せることもできますし快適に使用をしていただくこともできるでしょう。
また、眉毛のラインとリムラインが似ているもの・平行になりやすいものですとなじみやすいでしょう。

顔型からみる似合いやすいフレームデザインについて

似合うフレームデザインというものを顔型から見ていきましょう。

まずは丸顔です。
似合いやすいものは「スクエア」でしょう。
丸いフェイスラインと四角いデザインは不釣り合いでは?と思われるかもしれません。
しかし、スクエアタイプはきりっとした印象を与えることができるので似合うといわれているのです。
顔の丸さが気になるという方にもおすすめです。
また、リムレスやハーフリムといったナチュラルに見えるデザインもおすすめとなっています。

面長の方はどのような印象を与えたいかで選んでいただくとよいでしょう。
例えば、ウェリントンですとカジュアルな印象を与えることができるでしょう。
クールな印象をという場合には、フォックスタイプのデザインが良いかと思います。
リムレスですと、主張を薄くすることができます。

三角形の場合ですがオーバルですと優しい印象を与えることがしやすいでしょう。
落ち着いて柔らかな印象をという場合にはボストンが合うといわれています。

サングラスの選び方についても知っておこう

サングラスでも度入りのものも販売されるようになっています。
選び方の基準としてはまず「眉」にあります。
サングラスの上のラインが眉毛のラインに沿っているもの更には、眉毛が「少し出ている」程度のものがベストといわれています。

ブリッジについては丸くなるほど女性的な印象を与えることができます。
逆に、直線的なものですと個性的な印象を与えやすくまた男性的印象も与えることができるでしょう。

テンプルについてですが、細くなるほどに女性らしく横顔を美しく演出したいという場合にもぴったりといわれています。
個性的でクールな印象をという場合には、太く主張が強いものを選んでいただくのがおすすめです。
カジュアルな印象をという場合にも同様です。

また、サングラスにはカリーバリエーションが様々あります。
肌をきれいに見せてくれるブルー系から初心者の方でも使用しやすいブラウン系など好みに合わせて選んでいきましょう。